Category Archives: ご報告

西日本ブロック「秋の例会」ご報告

西日本ブロック「秋の例会」ご報告

9月18日(火)太閤園にて西日本ブロックの秋の例会を開催いたしました

第一部のセミナーではホテル様が加入されている損害保険サービスの中身を理解する必要性が説明されました。昨年の関西圏への台風21号による被害や、今年の台風15号による関東圏への被害などにより損害保険サービスへ加入しているものの、保険の中身をより詳しく理解しておらず、損害保険金が支払われないといったケースも多々散見されました。そういったことがないよう補償内容をしっかりと確認することと、保険の対象になっていない場合は追加でオプション加入することも検討する必要性があると事例を交えて具体的にご説明いただきました。

第二部のセミナーでは多くのホテル様が抱えられている問題、「人手不足」の悩みに対して最近の採用のトレンドの説明、レジャーホテル業界に対して求職者が抱いているイメージを払拭するための対策について詳細にご説明いただきました。今後レジャーホテル業界がより優秀な人を採用していくには、より踏み込んだ内容の情報を公開していき、求職者のレジャーホテル業界に抱いているであろうマイナスのイメージを払拭していくことが採用活動に勝ち残っていくために必要だという説明がありました。

懇親会では82名の正会員・賛助会員に参加していただき盛大に執り行うことができました。
内容の濃い二講座の後だっただけに、懇親会では皆様終始リラックスした表情で過ごされていました。最後はエンタメで恒例のビンゴ大会が行われ、笑いの中閉幕を迎えました。

日時
2019年9月18日(水)16時00分~17時30分
会場
太閤園 迎賓館2階 ゴールデンホール
セミナー 第一部
『レジャーホテルの必要補償』~事故判例と支払実績、付保漏れになりやすい補償を伝えます~
講 師 株式会社テイクオフ 堀内 佑太 様
セミナー 第二部
『採用コンサルティングセミナー』~採用活動の悩みと解決策の王道とトレンド、採用のコツを伝授~
講 師 株式会社シミンドウ 採用コンサルティング統括 田中 崇史 様
懇親会
太閤園 別館 ガーデンホール(18時00分~20時00分)

NHK BSプレミアム「TOKYOディープ!スペシャル 潜入!オトナの街」に副会長 宮原が出演

NHK BSプレミアム「TOKYOディープ!スペシャル 潜入!オトナの街」に副会長 宮原が出演

副会長の宮原(株式会社Re・stay)がNHK BSプレミアムで放送の「TOKYOディープ!スペシャル 潜入!オトナの街」に出演いたしました。

また、会長の清水(株式会社たけうめ)が経営するWATER HOTEL S国立も平成時代を象徴するホテルとして紹介されています。

7月28(日)午前1時15分~2時14分(27日深夜)でアンコール放送がされます。
ぜひご覧ください!

「TOKYOディープ!スペシャル 潜入!オトナの街」
6月26日(水)夜10時~11時 NHK・BSプレミアム

【番組概要】
今年3月に終了した「TOKYOディープ!」が一夜限りのスペシャル版として復活。
「遊郭」「闇市」「ゲイタウン」「ラブホテル」の4つのキーワードで、東京の知られざる歴史、裏側に潜む本音の顔をガチンコ取材!
複雑な思いにさせられる、吉原の戦中秘話。
日本最大級の歓楽街・新宿を貫くDNA。
ラブホテルという名の“愛の空間”の文化史…。
上っ面をなでるんじゃなく、その街がなぜ誕生したのかをトコトン解き明かす。
刺激だらけの1時間!!

[レジャーホテル関連の内容]

▽日本レジャーホテル協会 宮原 眞副会長にインタビュー~ラブホテルの歴史的な移りかわりについて~

▽国立のホテル【WATER HOTEL S国立】(日本レジャーホテル協会 清水 祐侍会長の経営)を平成時代を象徴するホテル(選択の主導権を女性が持つ時代)として紹介

▽ラブホテル・デザイナー亜美伊新さんのインタビュー~ラブホテルのデザインについて~

「レジャーホテルエキスポ2019 in 関西」のご報告

「レジャーホテルエキスポ2019 in 関西」のご報告

2019年6月18日西日本ブロック主催で、レジャーホテルエキスポを大阪産業創造館(大阪市中央区)にて開催いたしました。

2011年から始まったこの展示会も今年で9度目となり、今年も多くの来場者・出展業者にご参加いただきました。

今年のテーマは【持続可能性】。
激変する顧客ニーズ、市場環境、労働環境、お客様に選ばれる業界・レジャーホテルであり続けるために、今、何をするべきなのか?どうあるべきなのか?時代の変化に対応できる決断と実行が必要ではないか?そういったコンセプトを元にオープンセミナー等を企画・設計しました。

オープンセミナーは3講座を開催。

第一講座は労務管理対策セミナーを行いました。
有給取得義務化等、労使を巡る環境が急激に変化しております。そんな中、労務トラブルを引き起こさないために、制度設計でリスクを抑える方法と、保険加入でリスクをカバーする方法などについてわかりやすく説明していただきました。

第二講座はパート・アルバイトの「定着力」「採用力」の高め方セミナーです。人手不足による倒産が人ごとではない今、スタッフの離職率を低下させ、定着させるには人間関係の改善、労働環境の改善、スタッフが頑張ろうと思える風土・制度作りに打開策があるという内容でした。受講した皆様の店舗でも早急に実践していただきたい内容でした。

第三講座はSNSを活用したPRマーケティングセミナーです。昨今多くの企業がSNSを活用して自社の商品を宣伝していますが、ほとんどの女性の消費者が興味を持っておらず、一方通行ばかりになっています。もっと消費者が興味を持つような“過程”や発信者の“人”を見せることで興味を持ってもらい、信頼関係をつくることでコミュニケーションし、最終的に他の人にPRしてもらえるようにするのがSNSの活用法だとご説明がありました。又、SNSによっても特性があるので自社のターゲットにあったSNSを選択するのも重要だとのご説明がありました。

懇親会は約130名の方にご参会いただき盛大に執り行うことができました。
特にビンゴゲーム大会では商品が豪勢だったため皆様真剣に番号とカードを確認しておられました。ビンゴゲーム大会では協賛として出展業者様から景品をご協力いただきました。この場をお借りして感謝申し上げます。有難うございました。
会の途中では山本西日本ブロック長から藤田新西日本ブロック長への交代の報告がなされ、藤田新西日本ブロック長から皆様へブロック長就任の挨拶がなされました。
会場はレジャーホテルエキスポ終了後の熱気が冷めやらず、又ビンゴゲーム大会、そして新西日本ブロック就任の報告もあり最後まで終始活気に満ち溢れておりました。

展示会概要

主 催
一般社団法人 日本レジャーホテル協会
協力団体
一般社団法人北海道レジャーホテル協会/秋田県レジャーホテル協会/青森県レジャーホテル協会/岩手県レジャーホテル協会/山形県レジャーホテル協会/福島県レジャーホテル協会/福井県自動車ホテル協会/信州レジャーホテル協会/大阪府ホテル協同組合/京都ホテル協会/岡山県自動車旅行ホテル協会/一般社団法人九州ホテル協会/佐賀県レジャーホテル協会、
出展業者数
31社
総来場者数
約600名

オープンセミナー

第一講座
待ったなし!働き方関連法対応。最新の労務管理対策
講 師
中小企業サポートセンター代表 特定社会保険労務士 宮本宗浩 氏
第二講座
パート・アルバイトの〈定着力〉〈採用力〉の高め方
講 師
株式会社新経営サービス マネージャー 中谷健太 氏
第三講座
女性の心を掴むPR・マーケティング
講 師
PRプロデューサー 笹木郁乃 氏

懇親会

会 場
シティプラザ大阪2F『燦』
参加人数
130名

第46期 定時総会および懇親会のご報告

第46期 定時総会および懇親会のご報告

2019年6月13日(木)に第46期定時総会をホテルグランドアーク半蔵門(東京都千代田区隼町1番1号)にて開催いたしました。

開会に際して会長の清水より、新たに4団体(京都ホテル協会、信州レジャーホテル協会、秋田県レジャーホテル協会。宮城県レジャーホテル協会)との契約を結び、合計15団体とのネットワークが繋がったことが報告されました。また、新たに各種経費削減サービスの会員割引が始まり、中期目標である3000店舗の達成に向け着実に取り組んでいくことが宣言されました。

議案につきましては、第46期の事業報告、決算・監査報告、第47期の事業計画・予算案をご承認頂きました。第5号議案では、理事14名の任期満了及び監事1名の辞任に伴い、新たに理事15名・監事1名をご承認頂きましたのでご報告申し上げます。

会長:清水祐侍
副会長(西日本統括・西日本ブロック長):山本正博
副会長(東日本統括):宮原眞
専務理事:髙木幹太
常務理事:久保田正義
常務理事:東野英樹
常務理事:前田英則
常務理事:高崎次郎
理事(東日本ブロック長):武田茂
理事:山田浩
理事:牛島正
理事:海本良一
理事:梁瀬広実
理事:西田健一
理事:氏家正裕[新任]
監事:原瀬保夫
監事:山岸栄一[新任]

総会の終了後は、東日本ブロック主催による例会としてセミナーを開催しました。第一部では「働き方改革関連法のポイントと実務対応」と題し、社会保険労務士の柚木徹先生にご登壇頂き、第二部では「宿泊客の効率的な集客方法」と題し、ブッキングドットコムの栗野隆幸氏、私市愛氏にご登壇頂きました。講演後には賛助会員(株式会社ディンプレックスジャパン 様、ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社 様、株式会社エクシング 様)によるプレゼンテーションも行いました。正会員、賛助会員を含め110名の多くの皆様にご参加いただき、理解を深める機会となりました。

定時総会、第一例会の後は同ホテル「華の間」にて懇親会を開催いたしました。当協会顧問である自民党衆議院議員・平沢勝栄氏や自民党参議院議員・木村よしお氏などご来賓の方々よりご挨拶を頂き、副会長 宮原の乾杯で開宴。それぞれの近況や情報交換の場となりました。
全国各地から総勢140名の正会員様、賛助会員様にご参加いただき、当協会を通しての繋がりや広がりを実感しました。

【西ブロック】2019年 新春例会

ご報告

2月21日(木)ウェスティンホテル大阪にて、西日本ブロックの新春例会を開催いたしました。

第一部のセミナーでは世界の社会動向の変化、特にインバウンドによる影響から新たなキャッシュレス決済システムが台頭した背景が説明され、その決済システムの詳細、日本における決済サービス各社の取り組みなどが紹介されました。レジャーホテル業界にとってもこのキャッシュレス決済システムは今後の重要な決済システムの一つになり得る可能性が高いことから、終了後の質問では予定時間をオーバーするほどでした。

第二部では、ほぼ全てのホテルで加入されているであろう火災保険の詳細や正しい活用法について説明がありました。今回関西地方で甚大な被害が出た台風21号の被害映像を見ながら保険に加入することの重要性の説明があり、後半では実際のレジャーホテルでの様々な被害を元にどれくらいの金額の保険金が発生したかといった説明がありました。また保険金がおりないケースもお話しされていました。実例を交えてのお話しであっただけに非常にわかりやすかったです。そして普段保険には関してはおおまかに把握しているだけで詳細は理解していないケースが多いので、非常に勉強になったと同時にすぐにでも活かせそうな内容でした。

懇親会では、81名の正会員・賛助会員に参加していただき盛大に執り行うことができました。内容の濃い勉強会の後だっただけに皆様終始リラックスされておりました。エンタメでは若手お笑い芸人2人にご出演いただき、それぞれのネタを披露していただき会場は笑いの渦へと引き込まれていきました。会員同士の名刺交換や情報交換も積極的に行われ非常に有意義な時間となりました。


一般社団法人 日本レジャーホテル協会
副会長 山本 正博

2019年 賀詞交歓会・新春講演会のご報告

ご報告

日本レジャーホテル協会主催の「平成31年 新春講演会 賀詞交歓会」を、2月7日ホテル雅叙園東京にて開催いたしました。

この会は、当協会の活動において最も大きな年間行事として位置づけており、大きく分けて「全国レジャーホテル協議会」、「新春講演会」、「賀詞交歓会」の3部構成で行いました。

全国レジャーホテル協議会は、全国の提携団体が一堂に会し、本年は17団体総勢46名と顧問弁護士・星千絵先生同席のもと業界問題・風営法等について協議したあと、各団体の活動などを報告していただき、文字通り全国交流の貴重な機会になったと思います。

新春講演会では、参加者に学びとなるような講演を企画したいと考え、本年はテレビにも多数ご出演されておりますホテル評論家の瀧澤信秋氏による「レジャーホテル流おもてなし」をテーマに講演していただきました。瀧澤先生は、実際に多数のホテルをご自身で訪れ、そのおもてなし体験を基として、これからのレジャーホテル業界に向けての講演を約200名の会員関係者に熱く語っていただきました。

当日のセミナー資料についてはこちら

そして賀詞交歓会では、今年も当協会の顧問を引き受けていただいている増子輝彦先生をはじめとする多くの国会議員の先生方にご列席をいただき、総勢380名の大宴会を開催することができました。
今年度、新たに提携団体となった、京都ホテル協会、岩手県レジャーホテル協会、秋田県レジャーホテル協会、信州レジャーホテル協会と提携契約書を取り交わし、一般社団法人九州ホテル協会 会長 高崎次郎氏の乾杯の音頭で賀詞交歓会の宴を開催いたしました。
宴の後半には、アトラクションとしてスクール☆ウォーズ主題歌「ヒーロー」で有名な麻倉未稀氏の歌謡ショーも行なわれ、ご参加いただいた正会員の皆様、賛助会員の皆様にお楽しみいただけたのではないかと思っております。

楽しく、そして学びのある賀詞会を開催することができました。
当協会では、引き続き多くの皆様のご加盟とご参加をお待ちいたしております。
末筆ではございますが、ご参加いただいた皆様には、厚く御礼申し上げます。


一般社団法人 日本レジャーホテル協会
会長 清水 祐侍

2019年 新年のご挨拶

2019年 新年のご挨拶

皆様、新年あけましておめでとうございます。
会員の皆様におかれましては健やかに新年を迎えられたことと謹んでお慶び申し上げます。

一般社団法人日本レジャーホテル協会 会長 清水祐侍

さて、昨年は旅館業法が一部改正され、また民泊新法が施行されるなど我々の業界にとっても動きのある一年でした。
幸いなことにその直接的な影響はそれほど見られず、レジャーホテル業界を大きく揺るがすような変化には至っていないと思われます。

しかしながら、ビジネスホテルの新規開発が続いており、さらにはカプセルホテルや簡易宿所も加わり、宿泊業態でみると供給過剰ではないか思える状況になってきていると思います。稼動率が低下すれば、ビジネスホテルはデイユースも含めたカップルユース獲得に動くことが予想されます。
改正旅館業法下ではフロントレスが可能、さらにキャッシュレス対応も加わり、プライバシー確保というレジャーホテルの優位性はより薄らいでいくでしょう。

レジャーホテルにとって脅威となるボーダレス時代が迫っています。宿泊異業態との新たな競合に打ち 勝っていくためには、お客様の心理・行動を捉えたレジャーホテルならではの細やかな運営を追求することが重要だと思います。
レジャーホテル業界は、これまで店舗のハード部分や価格による競争に注力してきたように思います。しかし今後は、お客様の潜在的な「お困りごと」を探し出せるようなスタッフの人材力が重要なってくると思います。
人への投資=人材力強化によってお客様満足を追求するとともに、そういう力で業界を成長させていきたいと考えています。

昨年も当協会では、テーマに“繋ぐ”をキーワードとして、正会員・賛助会員・提携団体に寄り添いながら、経営改善と成長にお役立ていただけるようなセミナー・展示会・視察研修会・経費削減サービスを全国各地で開催・提供してまいりました。
その成果として今年度内には新たに3団体「京都ホテル協会、信州レジャーホテル協会、秋田県レジャーホテル協会」との提携契約を結びまして、1,800店舗超の加盟を予定しています。
同じ事業を営む者同士がしっかりと「繋がる」ことは、本当に良い業界を築く為にも必要不可欠のものではないかと私は思っています。当協会は、そのための「学び」の場を本年も模索していきたいと考えています

皆様におかれましては、本年も引き続き当協会へのご理解とご協力を賜り、共に力を合わせて協会活動 に取組んでいただきますようこころよりお願い申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

2019年1月1日
一般社団法人 日本レジャーホテル協会
会長 清水 祐侍

【西日本ブロック】忘年会のご報告

ご報告

12月13日(木)天王殿にて西日本ブロックの忘年会を開催いたしました。
83名の正会員・賛助会員に参加していただき盛大に執り行うことができました。
冒頭では西日本ブロック長の山本より今年一年の活動報告と、そして活動にご協力いただいた正会員・賛助会員に対しての感謝の意が述べられました。

エンタメではもはや恒例となりつつある中原役員が仮装して司会・進行を務め、1部ではカラオケ大会が行われました。このカラオケ大会で歌う方はくじ引きによって選ばれ、皆様ドキドキした表情をされていました。
2部ではビンゴゲームが行われ、当選された方は嬉しそうな表情を浮かべながら商品をお持ち帰りいただきました。

全体を通じて皆様終始正会員・賛助会員問わず、活発に談笑されていたのが印象的でした。西日本ブロックの活動が理解・浸透されてきた結果、会員同士の相互理解が深まり、非常に濃密で有意義な会になってきているのかなと感じました。


【東日本ブロック】セミナー・忘年会のご報告

ご報告

http://jalh.or.jp/wp-admin/edit.php

12月11日、本年度の締めくくりとしてセミナーの開催、また東日本ブロックの忘年会(セミナー64名、忘年会72名)が行われました。

セミナーでは、第一部に『Fintech(フィンテック)の進化が変えるレジャーホテルの決済とサービス』をテーマに長野システム開発株式会社 細田隼平氏にご講演して頂きました。
キャッシュレス化が進んでいる事は知っていても、実態を掘り下げたお話はとても新鮮でした。

第二部ではとして『いま、そこにある危機。本当にホテルを救えますか!!』をテーマに株式会社サークル 中西大介氏にご講演して頂きました。
誰もが関わりのある保険ですが、自分の保険は本当に安心できる内容なのか。きちんと保証を受けているのか。目からウロコが落ちる内容だったのではないでしょうか。

会場をかに道楽に移し、和やかに忘年会が始まりました。美味しいお料理とお酒を堪能しつつ、会員共通のホテルの話題は尽きることなく、あっという間の楽しい時間を過ごしていただけたようでした。


一般社団法人 日本レジャーホテル協会
執行部 大畑 尚紀

「綜合ユニコム主催 レジャーホテルフェア2018」出展ご報告

綜合ユニコム主催 レジャーホテルフェア2018

2018年10月15日・16日に東京ビッグサイトにて綜合ユニコム主催のレジャーホテルフェアが開催され、当協会もブースを出展し、協会活動PRを行いました。

ブース内では、賀詞交歓会やセミナーなど今年の協会活動の報告を展示させていただきました。当協会がどのような組織で、どのような活動をしているのか、業界関係者の皆様へ少しでも認知していただける機会になったのではないかと思います。

特にNHK受信料の支払いに関して多くの質問をいただき、全国的に大きなテーマであると感じられました。

ブース出展にあたり、株式会社日本パートナーリンク様より無料配布用のミネラルウォーターのご協賛を、株式会社APEX様よりコーヒーのご協賛をいただきました。誠にありがとうございました。